Archives

鈴木 智浩さんのベースとオブジェ

2017.11.27

「木の製品は生きています。それは共に時間を過ごすということ。時が経ち、艶とともに愛着も増すような作品を目指しています」と鈴木さん。このベースもオブジェもサンドペーパーを使わず、鉋で仕上げられます。それはすごい手仕事。鉋仕上げによって木肌は生かされます。生きた表面の細胞から、やがて時の経過とともに木の持つ油分がじんわりと染み出て、艶が増していきます。木に真っ直ぐ向き合い、語りかけ、生み出す。澄み切った森を抱き、呼吸をしているような作品たちです。アートフラワーとドライフラワーを楽しむフラワーベースh:12cm¥4.320-サクラ材/ケモノのオブジェ¥2.700-クルミ材



 

がまぐち

2017.11.06

がまぐちをひとつ。ぱちん と閉まる金具が心地よい。そろそろ小銭を持ち歩くこともなくなる世の中になるでしょうけど。路地の八百屋さんや、近所の和菓子屋さん、お豆腐屋さんにはずっとお世話になる。だから、ちょうどよい大きさのがまぐちをひとつ。幅11cm縦10cm¥972-